【無料】お試しキャンペーン実施中 ≫≫

YouTube収益化条件は「1000人・4000時間」だけ?Google公式情報をわかりやすく解説

個人のYouTuberだけでなく、芸能人や法人でも公式YouTubeチャンネルで稼ぐ時代。
「登録者数1000人・過去1年間に4000時間再生で広告表示できる」という条件をご存じの方も多いでしょう。

しかし、YouTubeの収益化手段は広告表示だけではありません。
また、「1000人・4000時間」以外にも年齢や内容に関する規約があります。

YouTubeチャンネルを作るなら、Googleが発表している公式情報をまず理解するのが先決。とはいえ公式情報は少し読みづらいので、引用しながらわかりやすく解説していきます。

YouTubeパートナープログラムとは

YouTubeパートナープログラムとは、簡単にいうと収益化するために参加するプログラムです。その他、参加することでYouTubeのサポートチームに問い合わせが出来たり、同じ動画がアップされていないかチェックできたりします。

YouTube パートナー プログラム(YPP)の参加条件

YPPに参加できるのは、

・すべての YouTube の収益化ポリシーに準拠している。
・YPPを利用可能な国や地域に居住している。
・公開動画の総再生時間が直近の 12 ヶ月間で 4000 時間以上である。
・チャンネル登録者数が 1000 人以上である。
・Google AdSenseのアカウントを持っている。

上記5つの条件を満たしてからです。
なお、Google AdSenseのアカウントに関してはYPPの申請時に作成することができます。(Google AdSenseのアカウントは1人1個なので、すでに持っている場合は新規作成できません)

YouTube パートナープログラム(YPP)で得られる収益

YPPで得られる収益は、5種類あります。
YouTube Creatorsの動画を埋め込みながら解説していきますね。動画は英語ですが、右下の歯車マークをクリックすれば日本語の字幕を表示できます。

広告収益

YouTubeで得られる収益として最も有名なのが、動画視聴中に表示されるディスプレイ広告、オーバーレイ広告などを視聴してもらうことによって発生するGoogleアドセンスの収益です。

広告収入以外の収益

広告以外で収益を得る方法をざっと理解するには、こちらの動画も参考になります。
広告収益と同様、YouTubeへの手数料を差し引いた額がYouTuberの収入です。

Super Chat と Super Stickers(スーパーチャット)

視聴者がYouTuberに投げ銭できる機能です。投げ銭がYouTuberの収益となり、投げ銭をした視聴者はチャット ストリーム内で自分のメッセージを目立たせることができます。

チャンネル メンバーシップ

視聴者が特定のYouTuberに月額料金を支払うファンクラブのような制度です。メンバーとなった視聴者の支払う月額料金が収益になります。

YouTube Premium の収益

広告なしで動画視聴できるYouTube Premium ユーザーがコンテンツを視聴した場合に、その利用料金の一部を収益として受け取れます。

グッズの棚

YouTuberが公式グッズを作り、視聴者に販売できる仕組みです。グッズの売り上げが収益になります。2020年現在、日本の視聴者はまだ対象ではありませんがいずれ展開されると思われます。

収益化のために守るべきルール

YouTubeの公式動画を見ると基本方針はよくわかると思います。また、文章では以下のように定義されています。

“注意事項
・クリエイターが作成できるコンテンツの内容まで具体的にお伝えすることはありませんが、YouTube には、視聴者やクリエイター、広告主を正当に扱う責任があります。YouTube パートナー プログラムに参加する場合、YouTube を通じて収益を得ることが可能になります。そのため、クリエイターにはより厳しい基準を守っていただく必要があります。
・優れたクリエイターに報酬を受け取っていただくため、YouTube パートナー プログラムへの参加を承認する前にチャンネルを審査します。また、YouTube では常にチャンネルを審査し、ポリシーとガイドラインに準拠しているかを確認しています。
とあります。”
引用:YouTubeヘルプ「YouTube で収益を得るには」
https://support.google.com/youtube/answer/72857?hl=ja

つまり、「動画の内容自体には口出ししないが、収益化できるチャンネルはYouTubeが定めるルールを守っているかどうか審査する。その審査は収益化していない動画よりも厳しい」ということです。
もっと簡単にいえば、「投稿する動画はYouTubeのルールを高水準で守ろう」ということなので、広告主や視聴者への配慮を心掛けた動画を作成しましょう。

例えばどんな動画がルール違反になるかというと「犯罪のコンテンツ」「アダルトコンテンツ」「差別コンテンツ(人種、宗教など)」「侮辱コンテンツ」などがあります。
YouTubeのヘルプに詳しく書かれています。
https://support.google.com/youtube/answer/6162278

収益の種類ごとの収益化条件

YPPの申し込み条件である「チャンネル登録者数1,000 人」「総再生時間が過去 12 ヶ月で 4,000 時間」を前提に、以下の条件を満たす必要があります。
チャンネル自体に適用される条件と、動画ごとに適用される条件がありますので、「チャンネル」なのか「動画」なのかも注意して確認してください。

広告収益

・チャンネル所有者が18歳以上である、または18歳以上の法的保護者がいること
・動画がガイドラインを遵守していること

参考URL:
https://support.google.com/youtube/answer/72857#requirements

Super Chat と Super Stickers(スーパーチャット)

・チャンネル所有者が18歳以上であること
・動画が非公開・限定公開でないこと
・動画に年齢制限が設定されていないこと
・動画が子ども向けに設定されていないこと

参考URL:
https://support.google.com/youtube/answer/9277801

チャンネル メンバーシップ

・チャンネル所有者が18歳以上であること
・チャンネル登録者数が3万人超えていること
・チャンネルが子ども向けとして設定されていないこと
・動画に対し、音楽の著作権についての申し立てがされていないこと

参考URL:
https://support.google.com/youtube/answer/7636690

YouTube Premium の収益

・YouTube Premium ユーザーに動画を視聴されること

広告なしで動画が視聴されたときに広告収益の代わりに受け取れる収益ですが、広告収益の条件である「18歳以上」の規定はこちらには見つかりませんでした。一方、18歳未満でも収益を受け取れるという記述もありません。

参考URL:
https://support.google.com/youtube/answer/72857#requirements

グッズの棚

・チャンネル登録者数が1万人以上であること
・チャンネルが子ども向けとして設定されていないこと
・YouTubeの収益化ポリシーに加え、Google ショッピング ポリシーも守っていること

2020年1月現在の対象の国と地域:
アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、オランダ、ニュージーランド、メキシコ、ポルトガル、シンガポール、スペイン、イギリス、アメリカ

参考URL:
https://support.google.com/youtube/answer/9454088

YouTube パートナー プログラム(YPP)申請方法

YPPの申請はとても簡単です。

① YouTubeにログイン

② 右上のプロフィール写真をクリック

③ YouTube Studioをクリック

④ 左側のメニュー画面の「収益受取」をクリック

⑤ 「参加条件を満たしたら通知する」をクリック

これで申請は完了です。
参加が承認されれば、YouTubeからメール通知が来ます。

まとめ

今回YouTubeの収益化の条件について解説してきました。
収益化の条件がチャンネル登録者数1000人、総再生時間4000時間というのはご存じだった方は多いかと思いますが、さらに理解が深まったのではないでしょうか。

安心して収益化を目指すために「YouTube のコミュニティ ガイドライン」「利用規約」「Google AdSense プログラム ポリシー」などのルールを遵守して動画作成していきましょう。