初回無料お試しキャンペーン実施中 ▶︎▶︎

インフルエンサーマーケティングとは?基礎知識と活用のコツを解説します

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーに自社の商品やサービスのPRをしてもらうインフルエンサーマーケティング。

効果的なマーケティング手法として注目され初めて数年になりますが、最近のYouTube人気などを背景にさらに市場規模を拡大しています。

インフルエンサーマーケティング市場規模

昨年リリースされたデジタルインファクトさんの市場調査によると、2018年には219億円と推定された市場規模が、今年2020年には327億円、2028年にはその約3倍の933億円まで拡大すると予測されています。

このようにマーケティング市場でますます存在感を高めていくインフルエンサーマーケティングですが、現時点で十分な活用が出来ているのは一部の大手企業だけなのではないでしょうか?

そこで今回は、インフルエンサーマーケティングの基礎知識とともに、より効果的に活用する方法までをわかりやすく解説していきます。今後インフルエンサーマーケティングを自社商品やサービスのPRに活用したいと考えているマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください。

インフルエンサーとは?

マーケティングにおいて、インフルエンサー(英:influencer)とは、SNSなどのコミュニティーの中で多くのフォロワー(=ファン)を持ち、その人たちの意思決定や購買行動に大きな影響力を及ぼせる人物のことを指します。

以前はTVや雑誌などに起用される有名人のことをインフルエンサーとして捉えていましたが、SNSが一般的になり誰もが簡単に情報発信できるようになった近年においては、多くのフォロワーを有する個人のことをインフルエンサーと定義するケースが増えてきました。

インフルエンサーマーケティングとは?

こうした強い影響力を持つインフルエンサーに商品やサービスの紹介をしてもらい、それらの認知度を高めたり、購買行動を促したりするマーケティング手法のことをインフルエンサーマーケティングと呼びます。

インフルエンサーマーケティングの特徴

テレビCMや新聞広告など従来型のマス広告では幅広い層にリーチできるものの本来情報を届けたいターゲット層に情報が届いているのかを確認することは難しく、ターゲット層をある程度絞り込めるWEB広告においては、近年ITリテラシーが高まった人たちには敬遠される傾向にあります。

一方で、インフルエンサーマーケティングは、企業が訴求したいターゲット層に直接的に情報発信できるだけでなく、そのコミュニティにおいて既に影響力を持っているインフルエンサーが情報発信することで共感や拡散を生み出しやすいとされています。

インフルエンサーの種類と特徴

インフルエンサーマーケティングを有効に活用するためには、インフルエンサーの種類と特徴を理解し自社のマーケティングにふさわしいインフルエンサーを活用する必要があります。

 

インフルエンサー広告の指標

インフルエンサー広告の事例

インフルエンサー広告の注意点

まとめ