初回無料お試しキャンペーン実施中 ▶︎▶︎

YouTubeのサムネイルを自由に設定!簡単無料作成ツールも紹介

YouTubeのサムネイルは動画の視聴回数を決める重要なポイントのひとつです。
インパクトのあるサムネイルを見ると、ついつい動画を見たくなりますよね。

しかし投稿を始めたばかりのときは、サムネイルの設定方法ひとつとってもよくわからないことが多いかもしれません。
というのも、YouTubeのサムネイル設定には2つの方法があるんです。

今回は2種類の手順のほか、おしゃれなサムネイルを簡単に作成できる無料ツールを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

YouTubeサムネイルの設定方法は2種類

YouTubeのサムネイルに設定する画像は、

①YouTube動画から自動生成された画像から選ぶ方法

②オリジナルで作成した画像を設定する方法

の2通りがあります。
今回は各設定方法を実際の画面を使って解説していきます。

自動生成画像から選択してサムネイルを設定する

YouTube動画から3つの画像が生成され、その中から1つを選んでサムネイルに設定することができます。
手軽ですが別の画像に変更することはできず、勝手に選ばれた候補の中からの三択になります。

①YouTube Studioの動画一覧を表示
YouTube Studioにログインし、「動画」をクリックして投稿動画一覧を表示する。

YouTube Studioの動画一覧を表示

②サムネイルを変更したい動画の「詳細(鉛筆マーク)」をクリック

サムネイルを変更したい動画の「詳細(鉛筆マーク)」をクリック

③自動生成された3つの画像から1つを選ぶ

サムネイルを変更したい動画の「詳細(鉛筆マーク)」をクリック

概要欄の下に自動生成された画像が3つ表示されます。
その中から最適な画像を選んでクリックしてください。

④「保存」をクリックして完了

「保存」をクリックして完了

オリジナル画像をサムネイルに設定する(カスタムサムネイル)

オリジナルで作成したサムネイルのことを、YouTubeでは「カスタムサムネイル」と呼びます。
よりインパクトのあるサムネイルを設定することで、動画のクリック率を向上させることができるため、ほとんどのYouTuberがカスタムサムネイルを利用しています。

しかし、カスタムサムネイルを利用するにはYouTubeアカウントを「確認済み」にする必要があります。
電話番号での確認を1回行うだけの簡単な作業なのでご安心くださいね。

YouTubeアカウントを「確認済み」にする手順

下記のURLにアクセスすると、アカウントの確認画面になります。
確認コードは「電話の自動音声メッセージで受け取る」か「SMSで受け取る」かの2択です。よくある手順なので、間違うことはないでしょう。
https://www.youtube.com/verify_phone_number?nv=1

※スマホでもPCでも、どちらでも作業可能です。

オリジナルの画像をサムネイルに設定する手順

①YouTube Studioの動画一覧を表示

YouTube Studioにログインし、「動画」をクリックして投稿動画一覧を表示する。

YouTube Studioの動画一覧を表示

②サムネイルを変更したい動画の「詳細(鉛筆マーク)」をクリック

サムネイルを変更したい動画の「詳細(鉛筆マーク)」をクリック

③「サムネイルをアップロード」をクリック

④作成したサムネイルを選択してアップロードし、「保存」をクリック

以上でオリジナルの画像をサムネイルに設定する作業は完了です。

 

<カスタムサムネイルの補足>
YouTubeが推奨するカスタムサムネイルの推奨サイズやファイル形式は以下です。

• 解像度: 1280×720(最小幅が 640 ピクセル)
• アップロードする画像ファイル形式: JPG、GIF、PNG など
• 画像サイズ: 2 MB 以下
• アスペクト比: できるだけ 16:9 を使用する

引用:YouTubeヘルプ https://support.google.com/youtube/answer/72431?hl=ja

【無料】おすすめのサムネイル簡単作成ツール

【無料】おすすめのサムネイル簡単作成ツール

画像作成ツールはPhotoshop(フォトショップ)が有名ですが、年間数万円の費用がかかったり、操作が複雑だったりといくつかのデメリットがあります。
目を引くサムネイルにしたいとはいえ、時間がかかって動画の投稿が減ってしまうのは避けたいもの。

そこで初心者でもサムネイルを簡単に作成ができる無料の画像作成ツールを2つ紹介します。
どちらのツールもテンプレートが多く用意され、簡単にイメージに合ったサムネイルの作成ができます。
またPCとスマホアプリのどちらでも利用ができるため、スマホで撮った写真をアプリでアップロードしてPCで編集するといったことも簡単にできるおすすめのツールです。

Canva(キャンバ)

Canva(キャンバ)

画像出典:Canva  https://www.canva.com/

使用できるテンプレートは、YouTubeサムネイルやYouTubeチャンネルアート、Instagram投稿など多種多様で、無料版では8,000種類以上が用意されています。
日本語フォントも充実しているため、動画のイメージに合わせたサムネイルの作成も簡単にできるようになっています。
操作も直感的に行え、慣れるまで時間がかからないツールです。

Fotor(フォトラ)

Fotor(フォトラ)

画像出典:Fotor  https://www.fotor.com/jp/

使用できるテンプレートは10,000種類以上とCanvaよりも充実しています。
また写真の背景を自動で切り取れるなど、機能性も高いのがFotorの特長です。
しかし、日本語フォントの量がCanvaの半分以下と少ないのが残念なところ。
お気に入りのフォントがFotorにあればCanvaよりもおすすめのツールです。

YouTubeのサムネイル作成ソフト5選!有料・無料ごとに解説! YouTubeのサムネイル作成ソフト5選!有料・無料ごとに解説!

まとめ

サムネイルはユーザーが動画を視聴するかどうか判断する大きな要素のひとつとなっています。
せっかく面白い動画を投稿してもサムネイルのせいで視聴者を逃してしまうのはもったいないですよ。
ご紹介した画像作成ツールなどをうまく活用し、魅力的なサムネイルで動画をアピールしていきましょう!